ゆで卵を暖める時爆発させない工夫イロハは?

range

 

寒い特、冷たくなってしまった「ゆで卵」は温めて食べたいものです。

 

でも、卵は電子レンジでは爆発してしまいます。

 

ゆで卵の場合は、ゆで卵白身が殻の役目をして、内側に水蒸気を発生させてしまうのですが、逃げ道がなくなるので、その圧力で爆発してしまうようなのです。

 

 

電子レンジは、電磁波によって一気に過熱させるシステムなので、このように爆発が起こりやすい状態となってしまいます。

 

これを防ぐには、逃げ道を作って上げれば大丈夫なようで、ゆで卵を丸ごとチンしたい時は、黄身の真ん中に箸で穴を貫通させれば爆発は防げます。

 

 

この方法で、スコッチエッグや目玉焼きをチンする場合も、黄身にハシを刺して穴を貫通させるといいでしょう。

 

できたら、複数の大きな穴を開けておけば、より効果的

 

 

半分に切れば、上記の逃げ道が、より増えるのでもっと安全です。

 

 

ちなみに、たらこやソーセージなど皮や膜に覆われたものも、内部が膨張して破裂するリスクを持っています。

 

 

大きな肉の塊も、電子レンジで温めると側面と内部で加熱ムラが生じて破裂することがあります。

 

つまり、肉の内部の水蒸気が逃げる所がなくて爆発するのです。

 

また、ドリンクやスープといった液体も、電子レンジで加熱すると、突沸現象を起こします。

 

 

加熱状態にある液体に振動などの衝撃が加わると、突然激しく沸騰します。

この現象を「突沸」といいます。

 

 

 

爆発のように液体が飛び散り、結果、やけどなどを負う危険性もありますから、注意が必要です。

 

 

先の「ゆで卵」に戻りますと、チンしなくても、熱いお湯の中に入れたり、おでんの汁に入れたり、うどんやラーメン汁に入れたりする方が、電子レンジよりしっとりしておいしい気がするのですが、どんなものでしょうか? 

電子レンジがなかった頃の工夫でゆで卵を暖めるのも、レトロな一興ではないでしょうか。

 

電子レンジに不向きな食材もあり、爆発だけでは済まないケースもあります。

 

特に、とろみがあるシチュなどが、突沸に注意が必要と言われています。

 

 

余り加熱し過ぎないで、時々かき回すなどの工夫もしてみてくださいね。