カリウムが血圧を下げ脳卒中を予防するホットバナナ!

banana-monkey

バナナの栄養素は、200g中、ビタミンCは32mg、ビタミンB1、B2、ナイアシンも含まれています。

 

これは、美容ビタミンと呼ばれ、果物の中でもトップクラスです。

 

カリウムが、720mgと突出して多いので、血圧を下げ脳卒中予防に貢献します。

 

また、マグネシウムも64mgも含まれていますが、これは心を安定させ、リラックスさせます。

 

他には、食物繊維も多いので腸内環境改善もしてくれます。

 

かつ、豊富なポリフェノールによる抗酸化作用により、シミやしわを予防するアンチエージング効果もあるといわれます。

 

こんなに有効成分があるので、冬、ホットにしてでも食べたい食物なのですね。

 

では、そのホットバナナの作りかたを紹介しましょう。

 

ホットバナナの作り方

電子レンジ

ホットバナナの作り方は、600Wの電子レンジで、皮をむいたバナナを30~40秒温めます。

 

 

オーブントースター

皮をむくのも面倒という方には、オーブントースターでバナナを丸のまま焼きます。ざっと暖かくなればいい方は、1000Wで3~5分

もっと完全に火を通したい方は、7分位焼きます。

これは、お好みで結構です。

後は、皮を剥いて食べるだけ。

 

 

スライスして、ここにヨーグルトなどをかけて食べれば、ビフィズス菌も摂れ、善玉コレステロールも増やせて一挙両得! 冷蔵庫から出したヨーグルトも、ほんのり温かです。

 

 

お腹が心配という方も、これならば食べやすいでしょう。

 

ほんのり温かい程度ですから。ビフィズス菌は死にません。