失敗のないコーディネートは先に小物の色を決め服の色を限定すること!

服をたくさん持ってるのに、着るものがない」こんな風に思ったことはありませんか。

 

codinate

好きな色と出会い、つい衝動買いをしてしまったものの、いざ着ようと思ったらコーディネートが難しかったとか、

 

それに合わそうと服を購入しているうちに、どんどん服が溜まってしまったとか…よくあることですよね。

 

こうした遠因には、何となく好きだからと洋服を選んできたためでしょう。

自分に似合う色とか、どんなデザインがいいのかとかじっくり考えないまま服を購入していくと、こうした結果に行き当たってしまいます。

とりあえずは、今持っている服を整理整頓してみましょう。

その方法としては、まず色別に分けてみます。

それから、素材別にも分けます

 

例えば、綿や麻類、ポリエステルやテトロン系などと分けていきます。

 

同素材のコーディネートの方が合わせやすいからです。

 

そのように整理すれば、整理しなかった時に比べ、何を着るか選択する時間が短縮できたことに気付くでしょう。

 

また、短時間にコーディネートできるためには、コツがあります。

それは、最初から、できるだけ色目を少ない装いをすることです。

 

選択の色は、小物などの色をあらかじめ決めておけば、それに従って洋服の色も決まってくるでしょう。

 

服装に使う色は1色、ないしは2色にしておいて靴やバッグにコーディネートさせることです。

 

あとの色目は、挿し色としてスカーフやアクセサリーで変化をつけます。

この方法が、コーディネート初心者には、失敗の少ない方法です。

例えば、靴とバッグを黒系でまとめるのならば、

 

服は黒やグレー、白などのモノトーン。ラベンダー、ワインカラー、紺、青紫、ブルーグレーなどの系統が似合います。

 

茶の靴とバッグを選べば、

 

茶系、ベージュ系、モスグリーン、若草色、カーキー、クリーム系、レンガ色などの暖色系がスッキリします。

 

そして、広範囲に合わせやすいスタイルは、スーツならば、襟なしのスタンダードタイプが無難でしょう。

襟がないので、下のブラウスが映えますしブラウスは少し華やかな色にも冒険もできます。

花柄、ポーダーなども選択範囲です。

片っ端に好きな色を購入したくなるものですが、気回しを考慮しながら服装計画を立てたほうが、結局はコーディネートもしやすく後で処分する手間も省けます。

服は衝動買いせず、計画的に…。そうすれば、ドレッサーも使える衣装でまとまることでしょう。